妊娠中のハーブティ選びは慎重に
マタニティマーク

妊娠中のハーブティ選びは慎重に

カフェインレスなものも多く、健康的なイメージのハーブティですが、妊娠中に飲んではいけないものがあることを知っていましたか。
妊娠中はコーヒーが飲めないから、ハーブティに替えたという事が、最善の選択をしていると思われがちですが、ものによっては逆効果になるハーブティもあるのです。

体に良いイメージのハーブティも薬草という側面も持っています。
妊娠してない体には、とてもよい効果をもたらすハーブティであっても、妊娠中には、良くない効果をもたらすものがあるのです。
お肌に良いことや、利尿作用や、抗腫瘍作用などの効果があり、様々なお茶にブレンドされている有名なハトムギも、妊娠中には禁忌のハーブティです。
なぜならば、子宮収縮作用があるからです。
市販の飲料で、ノンカフェインのお茶などにも含まれていることが多いので、飲む前に成分表示を確認する必要があります。

アロエやカモミールも、子宮収縮作用があると言われており、妊娠初期時には適さないハーブティです。
カモミールは、リラックス効果や血行促進効果があり、さらにノンカフェインであるため、妊娠中によさそうだと思う方もいると思いますが、摂取しすぎには注意しましょう。
有名なハーブティで、利用している方も多いかと思いますが、気を付ける必要があります。
その他にも、有名なものだけでも、ウコン、サフラン、シナモン、ジャスミン、レモングラス、ローズマリーなども、飲み過ぎには注意した方が良いでしょう。

逆に、妊娠中にうってつけのハーブティももちろんあります。
ルイボスティーは、美容の観点からも女性を中心に注目を集めているハーブティです。
妊娠中の方に必要なミネラル成分を摂取できるため、積極的に飲むと良いでしょう。
免疫力を高める効果も期待できると言われています。

体を温めてくれるジンジャーは、つわりの解消や、血流や代謝を促してくれる効果が期待できます。
しかし、ドライジンジャーの大量摂取は、消化器官へ悪影響を及ぼしたり、低血糖や止血作用の妨げとなったりします。
過剰摂取には注意しましょう。

飲む時期によっては、効果的なハーブティもあります。
安産のお茶とも言われているラズベリーリーフは、子宮や、子宮の筋肉に作用し、お産をスムーズにしてくれる効果があり、臨月にはお勧めです。
しかし、子宮収縮作用があるので、妊娠初期には禁忌とされています。

ハーブティはノンカフェインだから妊娠中に飲んでも大丈夫という考えは捨てたほうが良いです。
ハーブティが好きな方や、妊娠中にも飲みたい場合は、妊活中に、ハーブティの効果や、適量をよく確認しておく必要があります。